fbpx

大日住薬—反発、販管費下振れや戻入益発生で上半期業績を上方修正

マネーボイス 必読の記事



大日住薬<4506>は反発。一昨日に上半期業績の上方修正を発表、営業利益は従来の560億円から668億円に増額している。各セグメントの堅調推移に加えて、販管費の進捗も想定を下回ったもよう。また、ボストン・バイオメディカルやトレロ・ファーマシューティカルズの買収に係る条件付対価公正価値が大きく減少し、減損損失を上回る戻入益を見込むことも上振れ要因だが、これに関しては、開発品の価値減少を意味するとしてポジティブに捉えにくいとの見方も。

記事提供:

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい