fbpx

暗号資産専用ショッピングモールのクリプトモール、OKExと包括的業務提携【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouは28日、マルタ拠点の大手仮想通貨取引所OKExと包括的業務提携を締結したと発表した。

OKExはバイナンス、フォビと並ぶ世界三台仮想通貨取引所のひとつであり、クリプトモールとOKExが協力することで、「相乗効果を生み、より一層両社のサービス利用者に価値を提供できると判断」し、今回の業務提携にいたったと説明している。

同提携を通して、同社は「両社の保有するアセットの有効活用に取り組み、業務提携による効果の早期実現を目指していく」との意向を示している。

「クリプトモール」は100万点以上の商品を取り扱う「社会貢献型 仮想通貨専用ショッピングモール」であり、ブロックチェーン技術とマイクロチップを活用することで、いわゆる“ニセモノ”や“パクリ商品”を販売できないショッピングモールプラットフォームが構築可能であるとしている。

同ショッピングモールでは、これまでビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ネム(NEM/XEM)の決済を導入してきたが、今月25日には、仮想通貨取引所世界大手「バイナンス」が発行する「バイナンスコイン(BNB)」決済を開始したと発表している。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー