fbpx

シンバイオ製薬—3Qは売上高が20.08億円、悪性リンパ腫における標準療法で推奨され市場占有率が伸長

マネーボイス 必読の記事



シンバイオ製薬<4582>は8日、2019年12月期第3四半期(19年1月-9月)決算を発表した。売上高が前年同期比33.8%減の20.08億円、営業損失が35.36億円(前年同期は19.07億円の損失)、経常損失が36.41億円(同19.37億円の損失)、四半期純損失が36.40億円(同19.40億円の損失)となった。

新規開発候補品の導入は、2019年9月30日にキメリックス・インクとの間で抗ウイルス薬ブリンシドフォビル(SyB V-1901)に関しての独占的グローバルライセンス契約を締結した。

国内事業は、販売委託先であるエーザイ<4523>との事業提携契約が2020年12月に満了となることから、2018年10月にトレアキシン(R)の国内販売について自社による販売体制構築の準備を開始した。抗がん剤では2018年7月に日本血液学会が発行した造血器腫瘍診療ガイドラインにトレアキシン(R)とリツキシマブの併用療法(BR療法)が新たに収載され、既承認のすべての適応症において、標準的治療の選択肢として推奨されることになった。また、再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(r/r DLBCL)の第3相臨床試験を実施しており、主要評価項目(奏効率)を達成した。リゴセルチブ注射剤は、導入元であるオンコノバ・セラピューティクスが実施している国際共同第3相臨床試験の日本における臨床開発を担当しており、2019年10月末時点で48症例が登録されている。

海外事業では、SyB L-0501は、韓国、台湾、シンガポールにおいても販売されており、製品売上は計画通り推移した。

2019年12月期通期については、売上高が前期比19.4%減の30.92億円、営業損失が37.80億円、経常損失が38.56億円、当期純損失が38.59億円とする8月7日に修正した業績予想を据え置いている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい