fbpx

ブリッジインターナショナル—3Q増収増益、四半期売上高は設立以来最高値を更新

マネーボイス 必読の記事



ブリッジインターナショナル<7039>は13日、2019年12月期第3四半期(19年1月-9月)決算を発表した。売上高が前年同期比9.6%増の23.77億円、営業利益が同9.0%増の2.93億円、経常利益が同11.0%増の2.93億円、四半期純利益が同11.2%増の1.96億円となった。

主力のインサイドセールスアウトソーシングサービスの売上高は前年同期比11.9%増の21.12億円となった。既存顧客へのサービス提供に注力した。

インサイドセールスコンサルティングサービスの売上高は前年同期比10.5%減の0.58億円となった。インサイドセールスアウトソーシングサービスの既存顧客売上高の増加に伴い減収となった。

システムソリューションサービスの売上高は前年同期比4.3%減の2.06億円となった。自社提供クラウドツールサービスであるAIを活用した営業支援ツール「SAIN(サイン)」の売上高は同94.4%増の0.19億円となった。

2019年12月期通期の業績予想については、売上高が前期比13.0%増の32.92億円、営業利益が同4.4%増の3.63億円、経常利益が同3.4%増の3.42億円、当期純利益が同4.5%増の2.28億円としており、利益面では80-85%の進捗率ではあるが、現時点では期初計画を据え置いている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい