fbpx

NY金先物:反落、米中協議進展への期待で安全逃避の買い縮小

マネーボイス 必読の記事



COMEX金12月限終値:1468.50 ↓4.90

15日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-4.90ドルの1オンス=1468.50ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1462.80ドル−1472.10ドル。ロス米商務長官は米FOXビジネスネットワークとのインタビューで、「米中通商交渉が第1段階の合意を巡って最終的な詰めに入っている」と語ったことを受けて安全逃避の金買いは縮小した。株高や米長期金利の反発も金先物の売りを促す要因となった。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい