fbpx

Abalance—1Q昨対減収も、計画推移堅調

マネーボイス 必読の記事



Abalance<3856>は14日、2020年6月期第1四半期(19年7月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比14.5%減の18.28億円、営業利益が同10.5%減の2.53億円、経常利益が同33.7%減の1.83億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同40.1%減の1.06億円となった。

2020年6月期通期の連結業績予想(売上高72.00億円、営業利益4.30億円、経常利益4.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益2.67億円)は据え置いているが、業績予想に対する売上高、各段階損益の推移は堅調。第1四半期連結業績に未反映のVSUNに係る連結又は持分化については、連結業績へ可及的速やかに反映し得るよる引き続き検討するとしている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい