fbpx

(中国)上海総合指数は0.29%安でスタート、米中対立への懸念が足かせ

マネーボイス 必読の記事



21日の上海総合指数は売り先行。前日比0.29%安の2902.55ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時50分現在、0.55%安の2895.08ptで推移している。香港問題をめぐる米中対立への懸念が高まっていることが圧迫材料。また、米中通商協議の先行き不透明感や景気減速懸念なども足かせになっている。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー