fbpx

エノモト Research Memo(2):微細加工に強い電子部品大手

マネーボイス 必読の記事



■会社概要

1. 会社概要
エノモト<6928>は、リードフレーム※1やコネクタ用部品※2、インサートモールド※3といった精密部品の大手電子部品メーカーである。半導体パッケージやコネクタなどの電子部品メーカーに販売しており、同社の製品は家電や自動車、IT機器の内部で使用されている。顧客のコスト削減や耐久性向上などの要求に応じ、高機能なカスタマイズ品の開発にも積極的に取り組んでいる。そのほか、各種精密金型や自動機械装置などの開発、設計、製作も行っており、特に微細加工の精密プレス金型に強みがある。同社は、日本、中国、フィリピンの3極体制で事業を展開しており、どの生産拠点においてもほぼ同様の製品を、同様の高い品質で一貫生産することができる。こうした「最適地一貫生産」も大きな特徴である。

※1 リードフレーム:半導体パッケージに使われ、半導体チップを支持固定し外部配線と接続をする部品。
※2 コネクタ用部品:電子回路や光通信で機器や部品を接続するための部品。
※3 インサートモールド:金属部品の周りに樹脂を注入し一体化させた複合部品。



東証1部上場を弾みに更なる飛躍
2. 沿革
同社は1967年に神奈川県相模湖町で、精密金型の製作と金型による電子部品のプレス加工を目的に、株式会社榎本製作所という社名で設立された。1969年に山梨県に上野原工場を設立、1973年に本社を上野原に移転、その後はコネクタ用部品やLED用リードフレームなどへと製造の幅を広げるとともに、国内で営業・生産拠点を拡充していった。1990年に社名を株式会社エノモトに改めるとともに、日本証券業協会に店頭登録(現東京証券取引所JASDAQ市場)、1995年にフィリピン、2000年には中国に進出し、3極体制の基盤を構築した。2017年に東京証券取引所市場第2部に、2018年には東京証券取引所第1部に上場し、現在、更なる飛躍を目指して事業を推進しているところである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい