fbpx

マザーズ先物概況:小幅に反発、重要イベント前に方向感に乏しく

マネーボイス 必読の記事



10日のマザーズ先物は前日比2.0pt高の907.0ptと反発した。なお、高値は908.0pt、安値は901.0pt、取引高は1933枚。本日のマザーズ先物は、昨日に引き続き重要イベントを前に様子見ムード姿勢が強まり、方向感の乏しい展開となった。前日の米国市場では、目先の利益を確定する売りから主要指数は反落。本日の東京市場では、今月15日に控えた対中関税の行方や11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいといった思惑が強く感じられた一日となった。結局、個別に材料のあった銘柄に対する物色は散見されながらも、指数インパクトの大きい時価総額上位銘柄などは軟調だったため、全体的にマザーズ先物の押し上げには寄与せず、小反発に留まった。売買代金上位では、メルカリ<4385>やそーせい<4565>といった主力級銘柄のほか、ホープ<6195>やHEROZ<4382>などが下落した。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー