fbpx

欧州為替:ドル・円は108円55銭から108円66銭で推移

マネーボイス 必読の記事



 10日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円55銭から108円66銭で推移している。米FOMC、ECB理事会、英総選挙投開票、米国による対中追加関税第4弾の残り発動を控えて、状況見極めムードから全体的に小動きになっている。

 ユーロ・ドルは1.1069ドルから1.1080ドルまで上昇。独・12月ZEW景気期待指数の大幅回復にもユーロ買いは限定的になっている。ユーロ・円は120円19銭から120円34銭でもみ合っている。

 ポンド・ドルは1.3133ドルから1.3177ドルまで上昇。英国の経済指標への反応も限られ、総選挙での与党保守党勝利への期待から底堅い推移が続いている。ドル・スイスフランは0.9875フランから0.9857フランまで下落している。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー