fbpx

13日のNY市場は上昇

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;28135.38;+3.33
Nasdaq;8734.88;+17.56
CME225;23900;-60(大証比)

[NY市場データ]

13日のNY市場は上昇。ダウ平均は3.33ドル高の28135.38、ナスダックは17.56ポイント高の8734.88で取引を終了した。小幅下落して寄り付いたものの、米中通商交渉で中国が会見を開き、第一段階目の合意に達したことで買いが広がった。しかし、目先の材料の出尽くし感もあり、その後は小幅な値動きでもみ合う展開となった。セクター別では、ソフトウェア・サービスや公益事業が上昇する一方で自動車・自動車部品やエネルギーが軟調。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円安の23900円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>など、対東証比較(1ドル109.38円換算)で全般冴えない。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー