fbpx

17日のNY市場は上昇

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;29348.10;+50.46
Nasdaq;9388.94;+31.81
CME225;24035;+5(大証比)

[NY市場データ]

17日のNY市場は上昇。ダウ平均は50.46ドル高の29348.10、ナスダックは31.81ポイント高の9388.94で取引を終了した。中国の12月鉱工業生産や小売売上高が市場予想を上振れ、アジア・欧州株がほぼ全面高となり買いが先行。12月住宅着工件数が堅調推移となったことも好感された。一方で、主要株価が最高値圏で推移していることから利益確定の動きが広がり、上値は限られた。セクター別では、保険や消費者サービスが上昇する一方でエネルギーや食品・生活必需品小売が軟調。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円高の24035円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、三菱UFJ<8306>、三菱商事<8058>、資生堂<4911>、TDK<6762>が小じっかり。半面、エーザイ<4523>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が冴えないなど、対東証比較(1ドル110.14円換算)で高安まちまち。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー