fbpx

1月22日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事




 22日のニューヨーク外為市場でドル・円は110円00銭から109円83銭まで下落して引けた。

中国政府が新型コロナウイルス感染拡大抑制策を進めているとの報道で警戒感が後退したほか、米国の12月中古住宅販売件数が予想を上回ったため、成長期待も広がりドル買いが再燃。リスク回避の円買いも後退した。

ユーロ・ドルは、1.1098ドルまで上昇後、1.1070ドルまで下落して引けた。




ユーロ・円は、121円99銭から121円62銭まで下落。


ポンド・ドルは、1.3153ドルまで上昇後、1.3119ドルへ弱含むも底堅い展開。

英国の楽観指数の予想外のプラス改善を好感し早期利下げ観測が後退したほか、英上院がジョンソン首相の離脱案を承認したことを受けてポンド買いが優勢となった。




ドル・スイスは、0.9708フランから0.9682フランへ下落した。


   

[経済指標]

・米・12月シカゴ連銀全米活動指数:-0.35(予想:0.13、11月:0.41←0.56)
・米・11月FHFA住宅価格指数:前月比+0.2%(予想:+0.3%、10月:+0.4%←+0.2%)
・米・12月中古住宅販売件数:554万戸(予想:543万戸、11月:535万戸)

   

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー