fbpx

城南進研 Research Memo(9):2020年3月期は前期に続き10円配を予想

マネーボイス 必読の記事



■株主還元策

城南進学研究社<4720>は株主還元を経営上の重要課題と位置付け、配当による還元を基本方針としている。公約配当性向などは定めておらず、業績と成長投資のための内部留保のバランスを勘案して配当額を決定するとしている。

2020年3月期の1株当たり配当金は、前期比横ばいの10.0円を予定している。親会社株主に帰属する当期純損失が続くものの、安定配当を継続していく方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー