fbpx

近鉄など5社、ブロックチェーン活用のデジタル乗車券の実証実験を開始へ【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



近畿日本鉄道、三菱総合研究所<3636>、オムロン ソーシアルソリューションズ、chaintope、近鉄グループホールディングス<9041>の5社は29日、2020年2月17日~23日、ブロックチェーン技術とQRコードを活用したデジタル乗車券をスマートフォンのアプリ上で発行し、自動改札機で利用する実証実験を開始すると発表した。近鉄難波線「近鉄日本橋」駅と近鉄大阪線「近鉄八尾」駅にて、参画各社の関係者約50名を対象に行うようだ。

同実験は、総務省が行う「地域経済の活性化に資するブロックチェーン技術による情報の安全かつ円滑な流通及び『スマートコントラクト』による省力化等の検証及び社会実装に向けた調査研究」の一環であるという。データの信頼性や耐改ざん性といったブロックチェーン技術の特性を活かし、セキュリティ強化、利便性の向上、駅業務の効率化など、同技術の新たな利用可能性を検証すると伝えている。

実験では、実験実施駅において、スマートフォンアプリに搭載したQRコード乗車券を実験 用の自動改札機にかざし、入出場日時の記録、入出場の可否判断などを行う。企画乗車券(特定の利用条件を定めて発売する乗車券)をQRコード化し、スマホアプリに搭載した場合の利便性、業務効率化、コスト等の検証を行うもよう。また、ブロックチェーン技術を用いたチケットの発行・管理システムの品質面、保守・運用面およびコスト面の検証、スマートコントラクトの技術・運用上の課題の整理といった技術面での検証も行うとしている。

将来的には、デジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」「近鉄しまかぜコイン」等の決済機能と一体化するなど、デジタル地域通貨やMaaS(次世代移動サービス)などと組み合わせた新たなサービスの創出も視野に入れるという。



記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー