fbpx

ナック—エースホームを子会社化

マネーボイス 必読の記事



ナック<9788>は27日、住宅フランチャイズを展開するエースホームを子会社化すると発表した。ヤマダ電機傘下であるヤマダホームズから、エースホームの株式86%を取得する。取得価額は非公表で、取得予定日は2020年2月28日としている。

2000年にエースホーム設立されたエースホームは、ヤマダホームズが86%、LIXILが14%出資する企業で、約50の加盟店が全国で住宅を供給している。子会社化により、ナックは、エースホームがターゲットとする有力な地域ビルダーへも効果的なコンサルティングを提供できるようになり、地場工務店との関係強化が可能となる。また、 エースホームが蓄積してきた住宅フランチャイズ運営をはじめとするノウハウの獲得による新商品開発や、両社の顧客基盤を活用した幅広い顧客層の取り込みを図っていくとしている。


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー