fbpx

東京為替:ドル・円は109円80銭台、ドル下げ渋りも様子見状態は続くか

マネーボイス 必読の記事



11日午前の東京市場でドル・円は、109円80銭台で推移。東京市場休場のため、主要通貨の為替取引は手控えられているが、ドルは下げ渋っている。日中は上海総合指数の動向が手掛かり材料になりそうだが、米長期金利の伸び悩みを意識してリスク選好的なドル買いは目先的に抑制されるとの見方は依然として多い。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円74銭から109円83銭、ユーロ・円は119円71銭から119円82銭、ユーロ・ドルは1.0908ドルから1.0914ドル。

■今後のポイント
・新型肺炎の感染拡大に対する警戒感残る
・米長期金利の伸び悩み
・中国本土株式の動向

・NY原油先物(時間外取引):高値49.82ドル 安値49.58ドル 直近値49.78ドル
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー