fbpx

ウイルス感染拡大で3月追加緩和の可能性

マネーボイス 必読の記事



 19日のニューヨーク市場では、金先物は続伸したものの、米国株式、原油、ドルも強い動きを見せており、リスク回避的な取引は相対的に縮小した。ドル・円は2019年5月以来となる111円59銭まで一段高となり、110円30銭を超えた時点でストップロスなどのドル買いが断続的に観測された。米国経済指標の改善がドル買いにつながったようだが、中国におけるウイルス感染者数の増加ペースは鈍化しつつあるとの見方が浮上したこともドル買い材料となっているようだ。

 ドル・円については、昨年4月につけた112円40銭が当面の上値目途になるとの見方が多いようだ。「日本銀行は3月18−19日開催の金融政策決定会合で現行の緩和策とは異なる資金供給策などの追加措置を講じる」との見方が出ていることも、ドル買い・円売りを促す要因となっている。円売り材料としては、貿易収支の悪化や日本の政治不安も挙げられているようだ。なお、輸出企業などのドル売りは111-112円台で増える可能性があるが、「足元の為替相場に大きな影響を与えるとは言い切れない」との声が聞かれている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー