fbpx

21日のNY市場は下落

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;28992.41;-227.57
Nasdaq;9576.59;-174.37
CME225;23190;-100(大証比)

[NY市場データ]

21日のNY市場は下落。ダウ平均は227.57ドル安の28992.41、ナスダックは174.37ポイント安の9576.59で取引を終了した。2月のマークイット米国製造業・サービス業PMIが共に前回から下落し、売りが先行。コロナウイルスの感染拡大による投資家心理の悪化が続いており、終日軟調推移となった。セクター別では、不動産や食品・飲料・タバコが上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円安の23190円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>、TDK<6762>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>など、対東証比較(1ドル111.61円換算)で全般軟調。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー