fbpx

2月24日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事



 24日のニューヨーク外為市場でドル・円は111円41銭から110円33銭まで下落して引けた。

新型肺炎がイタリアやイランなどでも感染拡大が確認され。世界的な感染拡大が世界経済の悪化に繋がるとの脅威がリスク回避の円買いに繋がった。さらに、サプライチェーンの混乱を背景に米国経済の成長見通しも引き下げられ年内の追加利下げを織り込むドル売りにも拍車がかかった。




ユーロ・ドルは、1.0813ドルから1.0872ドルまで上昇して引けた。

予想を上回った2月のドイツIFO企業景況感指数を好感したユーロ買いが継続。




ユーロ・円は120円53銭から119円90銭まで下落。


ポンド・ドルは1.2900ドルから1.2938ドルまで上昇した。




ドル・スイスは0.9799フランから0.9765フランまで下落した。




[経済指標]
・米・1月シカゴ連銀全米活動指数:−0.25(予想‐0.18、12月:−0.51←-0.35)
・米・2月ダラス連銀製造業活動指数:1.2(予想:0.0、1月:-0.2)


  

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー