fbpx

不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(3)ー無担保ローンからの借り換え編  

銀行から融資を受けた無担保ローンの返済が思うように進まず、「どうすればいいかわからない」と悩んでいませんか。カードローンなどの無担保ローンは、保証人不要で審査が早く、ATMやインターネットから気軽に利用できます。しかし、無担保ローンは金利が高く、利息の負担が大きいため、返済期間が長期化しやすいのがデメリットです。担保にできる不動産があるなら、不動産担保ローンに借り換えることで月々の返済額を減らすことができるかもしれません。今回は無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えについて、メリット・デメリットや借り換えイメージ、手続きの流れを詳しく解説します。

無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えるメリット

無担保ローンから不動産担保ローンの借り換えは以下3つのメリットがあります。

月々の返済額を減らすことができる

無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えると、月々の返済額を減らすことができます。不動産担保ローンは無担保ローンより金利が低く、長期間にわたって借りることが可能です。借り換えによって金利が下がり、返済期間が長くなれば、月々の返済額が減って資金繰りが楽になります。

手元資金を増やすことができる

無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えは、手元資金を増やすことができるのもメリットのひとつです。担保とする不動産や債務者の属性によって融資条件は変わってきますが、一般的には無担保ローンより借入可能額は増えます。不動産担保ローンへの借り換えによって多くの資金を調達できれば、手元資金が増えて資金繰りが安定します。

複数の無担保ローンを1つにまとめることで返済管理が楽になる

複数の無担保ローンを利用している場合、不動産担保ローンに借り換えてローンを1つにまとめることで返済管理が楽になります。返済しなければならないローンがいくつもあると、管理しきれなくなって延滞が発生するリスクがあります。ローンを延滞すると遅延損害金が発生しますし、一括返済を求められることもあります。担保にできる不動産があるなら、複数の無担保ローンを不動産担保ローンにまとめるのがおすすめです。

無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えるデメリット

無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えは、先ほど紹介したメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

返済できない場合は担保不動産を処分される

不動産担保ローンは、返済できなくなると担保不動産を処分されます。金融機関が融資を行う際に、担保とする不動産について抵当権を設定します。債務者がローンを返済できない場合、金融機関は抵当権を実行して担保不動産を売却し、売却代金から貸したお金と利息を回収します。

諸費用がかかる

不動産担保ローンへの借り換えは、事務手数料などの諸費用がかかります。ただし、金融機関に借り換えの相談をすると、通常は諸費用も含めて返済シミュレーションを行い、借り換えたほうが有利になるような提案をしてくれます。提案内容を確認したうえで、借り換えるかどうか判断するといいでしょう。また、諸費用は融資金額から差し引かれるため、諸費用を別に用意する必要はありません。

総返済額が増える場合もある

無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えは、総返済額が増える場合もあります。無担保ローンより借入可能額が大きく、返済期間も長期に設定できるからです。ただし、借り換えることで金利が下がり、月々の返済額を減らすことができます。また、状況によっては総返済額が減るケースもあります。

無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えイメージを紹介

ここでは、無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えを行った場合のイメージを1つ紹介します。個人事業主のBさん(50代)は、子どもの教育資金や親の介護などでまとまった資金が必要になり、複数の銀行カードローンから借入を行いました。しかし、月々の返済額が膨らんで資金繰りが厳しくなり、不動産担保ローンへの借り換えを行いました。
無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えた後の状況は以下の通りです。

借り換え前 借り換え後
ローン残高 525万円 550万円(手数料等含む)
返済期間 10年 15年
金利 9.00% 5.00%
月々の返済額 6.7万円 4.4万円
総返済額 799万円 782万円

ローン残高は525万円から550万円に増えていますが、金利が9.00%から5.00%に下がり、返済期間も10年から15年になったことで月々の返済額だけでなく総返済額の両方の引き下げに成功しました。このように、ローン残高は変わらなくても、不動産担保ローンへの借り換えによって金利や返済期間などの融資条件が改善されれば、資金繰りも楽にすることができます。

無担保ローンから不動産担保ローンに借り換える手続きの流れ

無担保ローンから不動産担保ローンに借り換える手続きの流れは以下の通りです。
 

1. 金融機関にローン借り換えの相談をする(仮審査)
2. 本申し込みを行い、審査結果を待つ
3. 借換先と契約日を調整する
4. 借換先と契約手続きを行う
5. 契約日当日に融資金額が振込みされる
6. 5.の融資金の一部で無担保ローンの残債を一括返済する
7. 借換先が抵当権を設定する
8. 不動産担保ローンの返済が開始される

まずは金融機関に不動産担保ローンへの借り換えを相談し、仮審査に申し込みましょう。仮審査の回答が出たら本申し込みをして、審査を通過したら契約手続きを行います。融資金が振込まれたら、融資金の一部で無担保ローンの残債を一括返済しましょう。上記4~7は同日中に行われます。無担保ローンの一括返済については、借換先から借換元の指定口座に振込みを行う場合と自身で返済手続きを行う場合があります。自身で返済手続きを行う場合は、一般的に一括返済したことを証明できる資料を借換先から求められるので、忘れずに提出しましょう。一連の手続きが終了すると、不動産担保ローンの返済が開始されます。

まとめ

無担保ローンは気軽に利用できますが、金利が高いため、月々の返済負担が大きくなります。不動産担保ローンは無担保ローンより金利が低く、長期間にわたって借りることができるので、借り換えることで月々の返済額を減らすことができます。無担保ローンの返済負担を少しでも減らし、資金繰りを改善したい場合は、不動産担保ローンへの借り換えを検討しましょう。

▼シリーズ「不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説」の記事一覧

・第1回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(1)
・第2回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(2)ー不動産担保ローンからの借り換え編
・第3回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(3)ー無担保ローンからの借り換え編

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー