fbpx

前田道—急伸、TOB実施の可能性の高まりを意識

マネーボイス 必読の記事



前田道<1883>は急伸。大株主の前田建設<1824>からのTOBを巡って、インフラ運営事業での協業を提案してTOB撤回を求めたが、拒否される形となったもようだ。前田建設では、本日が期限である「TOB期間延長や撤回をすることは予定していない」とも発表している。TOB実施の可能性が高まったとの見方になっているようだ。なお、前田建設ではTOB価格3950円で発行済み株式数の51%取得を目指している。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー