fbpx

NY株式:NYダウ26ドル安、原油価格の急落を嫌気

マネーボイス 必読の記事



米国株式相場は反落。ダウ平均は26.13ドル安の22653.86ドル、ナスダックは25.98ポイント安の7887.26ポイントで取引を終了した。前日に続き世界の新型ウイルス感染がピークに近づいたとの見方から、早期の経済再開を期待した買いが継続した。また、3500億ドル規模の中小企業向け融資プログラムに申し込みが殺到しており、米国政府が更なる資金を供給する意向を示し上昇幅を拡大。しかし、引けにかけて原油価格が急落すると、株式相場も下落に転じた。セクター別では自動車・自動車部品や保険が上昇した一方で、家庭・パーソナル用品や食・生活必需品小売りが下落した。


石油大手のエクソン(XOM)は、2020年の資本支出を30%削減する計画を発表し上昇。化学・電気素材メーカーのスリーエム(MMM)は、医療従事者向けのマスク生産を巡り、国外輸出を禁じた米国政府に反発していたが、政府と合意に至り大きく上昇した。大手アルコール飲料メーカーのコンステレーションブランズ(STZ)は、UBSの投資判断引き上げが好感され上昇。一方で、バイオ医薬品大手のギリアド・サイエンシズ(GILD)は、下落した。


米財務省のムニューシン長官はすでに承認済みの3500億ドル規模の中小企業支援融資プログラムで追加資金2500億ドルを投じる必要があるとし、議会に今週中の承認を促した。




Horiko Capital Management LLC


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー