fbpx

花王—大幅反落、決算インパクト限定的でやや出尽くし感優勢に

マネーボイス 必読の記事



花王<4452>は大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は393億円で前年同期比2.8%増益、化粧品の減益をファブリック&ホームケアなどがカバーした。通期計画は2200-2300億円のレンジを据え置き。日米欧の外出自粛の影響で、4-6月期も化粧品は低調推移が続くとみている。決算に大きなサプライズはなく、相対的に株価が堅調推移だったことから、やや出尽くし感が先行する形に。例年このタイミングで実施していた自社株買いの発表もなかった。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー