fbpx

個別銘柄戦略:デンソーやアイシン精に注目

マネーボイス 必読の記事



先週末15日の米国市場ではNYダウが60.08ドル高の23685.42、ナスダック総合指数が70.84pt高の9014.56と上げたが、シカゴ日経225先物はほぼ横ばいで大阪日中比20円安の20020円。週明け18日早朝の為替は1ドル=107円10-20銭(15日大引け時は107.23円付近)。本日の東京市場では、先週末に4日ぶり小反発で終了したトヨタ<7203>の続伸が予想され、ホンダ<7267>も堅調な値動きが期待される。また、15日のADR(米国預託証券)の値上がりから三菱UFJ<8306>や東京海上<8766>もしっかりとした値動きとなろう。ただ、米中貿易摩擦再燃への警戒感からソニー<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>は軟調が予想され、米フィラデルフィア半導体指数が大きく下げていることから、その他ハイテク株も売りに押されそうだ。その他では、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたイビデン<4062>、JMDC<4483>、デンソー<6902>、アイシン精<7259>、コメリ<8218>、住友不<8830>、テーオーシー<8841>などに注目。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー