fbpx

マザーズ先物見通し:堅調展開の継続か

マネーボイス 必読の記事



本日のマザーズ先物は、個人投資家による中小型株物色継続により、堅調な展開が想定される。前週のマザーズ市場では、国内外での経済活動の再開期待などを支えにマザーズ先物は年初来高値を更新した。ただ、急ピッチの上昇に対する警戒感や米中関係の悪化懸念、香港情勢など外部環境の先行き不透明感から利食い売りに上値の重さが意識される場面が想定される。ただ、前週末の米国市場では、ナスダック総合指数やSOX指数が上昇しており、半導体関連や電子部品関連などハイテク株買いには支援材料となりそうで、マザーズ市場でもIT関連株物色などの追い風になるか注目されよう。一方、これら銘柄は、マザーズ市場をけん引役していた銘柄だけに銘柄は高値警戒感が意識されることも想定されるが、個人投資家には主力大型株の手掛けづらさが意識され、新たな成長株に投資マネーがシフトすれば、マザーズ先物も堅調に推移しそうだ。上値のメドは935.0pt、下値のメドは900.0ptとする。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー