fbpx

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆目先的にリスク回避的なユーロ売り・円買いは抑制される可能性

マネーボイス 必読の記事



ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏諸国の経済活動は再開されたが、米中対立への懸念は消えていない。また、欧州中央銀行は6月に追加緩和措置を講じる可能性があることから、目先的にリスク回避的なユーロ売り・円買いは抑制される可能性がある。

【ユーロ売り要因】
・欧州諸国におけるウイルス感染者の増加
・ウイルス感染の拡大を巡って米中対立の懸念
・ECBは6月に追加緩和の可能性

【ユーロ買い要因】
・ドイツ、フランスなどの大規模な財政出動計画
・ユーロ圏諸国の経済再開で企業景況感は改善傾向
・ウイルス感染拡大の抑制期待

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー