fbpx

三光産業—大幅反落、前期は赤字縮小も、今期非開示と減配で失望売り

マネーボイス 必読の記事



大幅反落。20年3月期業績を発表。21日に発表した下方修正値での着地となっており、営業損益は0.24億円の赤字(前期は1.82億円の赤字)と赤字幅縮小。1-3月期については0.35億円と10-12月期に続き四半期ベースでは黒字を確保した。ただ、今期業績見通しについては非開示としたほか、期末配当金について前回予想の7円から5円へと減額している。下方修正時にはなかった新たなネガティブ要素が出てきたことで、改めて足元の業績の厳しさが明確になり、失望売りに繋がっているもよう。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー