fbpx

マザーズ先物概況:反発、時間外での米株先物高などで買い戻し

マネーボイス 必読の記事



27日のマザーズ先物は前日比8.0pt高の948.0ptと反発して終了した。高値948.0pt、安
値は916.0pt。取引高は8457枚。

本日のマザーズ先物は、時間外取引での米国株価指数先物が切り返し上伸したことな
どから買い戻しの動きが強まった。朝方はこのところの急ピッチの上昇に対する反動
から利益確定売りが先行して始まり、マザーズ先物は一時前日比24.0pt安の916.0ptま
で値を下げる場面もあった。しかし、国内景気の回復期待は根強い上、日経平均もコ
ロナ暴落の戻り高値を更新し、朝方に軟調に推移していた米国株価指数先物が切り返
し、3ケタの上昇を演じているため、市場では「外部環境の好調さを背景に押し目を拾
う動きが強まった」との声が聞かれ、朝方の売りが一巡した後は出直っていた。市場
では「緊急事態宣言の解除による国内経済の正常化への期待は根強く、戻り待ちの売
りを吸収しながら、堅調展開が続こう」との声が聞かれていた。本日のマザーズ市場
では、小中高校向けにオンラインでの講演を開始するアディッシュ<7093>が前日比700
円(+23.10%)高の3730円とストップ高まで買われ、ブランディング<7067>、リファ
インバース<6531>、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>、和心<9271>も制限値
幅いっぱいまで買い進まれた。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー