fbpx

6月1日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事



 
1日のニューヨーク外為市場でドル・円は107円75銭まで上昇後、107円53銭まで弱含み引けた。

米5月ISM製造業景況指数が予想を下回りドル売りが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.1101ドルから1.1140ドルまで上昇して引けた。

ユーロ・円は119円55銭へ弱含んだのち119円90銭まで上昇。


ポンド・ドルは1.2384ドルから1.2488ドルまで上昇。英国と欧州連合(EU)の貿易交渉への懸念が緩和したことがポンド買いに繋がった。


ドル・スイスは0.9603フランから0.9625フランの狭いレンジでもみ合った。


    

[経済指標]
・米・5月製造業PMI改定値:39.8(予想40、速報値:39.8)
・米・5月ISM製造業景況指数:43.1(予想:43.8、4月:41.5)
・米・4月建設支出:前月比‐2.9%(予想:-7.0%、3月:0←+0.9%)

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー