fbpx

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク回避的なユーロ売り・円買いが短期間で拡大する可能性は低い見通し

マネーボイス 必読の記事



ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州中央銀行(ECB)は今週4日開催の理事会で追加緩和措置を講じる可能性が高いとみられている。欧州連合(EU)復興基金への投資家の期待は持続しており、リスク回避的なユーロ売り・円買いが短期間で拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・欧州諸国におけるウイルス感染者の増加
・ウイルス感染拡大や香港統治を巡って米中対立の懸念
・ECBは6月に追加緩和の可能性

【ユーロ買い要因】
・EU復興基金創設への期待
・ユーロ圏諸国の経済再開で企業景況感は改善傾向
・ウイルス感染拡大の抑制期待

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー