fbpx

DELTAーP—ストップ高、抗がん剤候補DFP-14323の臨床第2相試験の病勢コントロール率が100%に

マネーボイス 必読の記事



ストップ高。抗がん剤候補化合物DFP-14323の臨床第2相試験の病勢コントロール率が登録した全症例の100%になったと発表している。うち40%が脳転移症例。詳細はシンガポールで開かれる欧州臨床腫瘍学会アジア大会で公表する予定。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー