fbpx

3日のNY市場は上昇

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;26269.89;+527.24
Nasdaq;9682.91;+74.54
CME225;22915;+185(大証比)

[NY市場データ]

3日のNY市場は上昇。ダウ平均は527.24ドル高の26269.89ドル、ナスダックは74.54ポイント高の9682.91ポイントで取引を終了した。中国の5月サービス業PMIが予想外のプラス成長に回復したほか、米国の5月ADP雇用統計やISM非製造業指数も予想を上回ったためV字型回復への期待から大きく上昇して寄り付いた。米国政府が第4弾の経済支援策を検討中との報道も好感され、引けにかけてさらに上げ幅を拡大した。セクター別では、銀行、自動車・自動車部品が上昇、一方、ヘルスケア機器・サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比185円高の22915円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、富士通<6702>、オムロン<6645>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル108.9円換算)で全般堅調。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー