fbpx

マザーズ先物見通し:米国株高などを受けて買い先行か

マネーボイス 必読の記事



本日のマザーズ先物は、前日の米国株の上昇などを眺めて買い戻しの動きとなりそうだ。前日の米国市場は、良好な経済指標を映した景気回復期待を受けて、NYダウは約3カ月ぶりに26000ドル台を回復するなど上昇し、円相場も1ドル=108円台後半へと円安が進行している。こうした外部環境の好調さを映して、日経平均も23000円台を目指す動きとなりそうで、市場では「リスク選好機運を背景に個人投資家のマインドも回復し、買いが波及する」との声が聞かれる。ただ、円安などを背景に個人投資家の関心が主力の東証1部市場の輸出関連株などに移りつつあり、この流れが本日も継続するなら買い戻しの動きも限定的で、戻りの鈍さが意識される場面もありそうだ。上値のメドは1020.0pt、下値のメドは990.0ptとする。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー