fbpx

4日のNY市場はまちまち

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;26281.82;+11.93
Nasdaq;9615.81;-67.10
CME225;22725;-35(大証比)

[NY市場データ]

4日のNY市場はまちまち。ダウ平均は11.93ドル高の26281.82ドル、ナスダックは67.10ポイント安の9615.81ポイントで取引を終了した。米国の失業保険継続受給者数が予想外に増加したため雇用市場の速やかな改善期待が後退、失望感から売りが先行。その後は前日終値を挟んで終始もみ合う展開となった。セクター別では、銀行や保険が上昇した一方、公益事業や不動産が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の22725円。ADRの日本株はファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、エーザイ<4523>が冴えない他は、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、HOYA<7741>、富士通<6702>、TDK<6762>が堅調など、対東証比較(1ドル109.15円換算)で全般しっかり。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー