fbpx

SUBARU—大幅反落、新車サイクルピークアウト懸念などで米系証券が格下げ

マネーボイス 必読の記事



SUBARU<7270>は大幅反落。JPモルガン証券では投資判断を「ニュートラル」から「アンダーウェイト」に格下げ、目標株価は2100円としている。足元での米国市場回復は短期業績にとってメリットとなるが、新車サイクルが21年後半に向けてピークアウトするとみられ、競争環境の厳しさが認識されてくると判断。米国正常化後の成長シナリオが明確でないなか、持続可能な利益水準と比較して足元の株価には割高感が強いと考えているもよう。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー