fbpx

泉州電業 Research Memo(7):2020年10月期は年間配当70円の予定

マネーボイス 必読の記事



■株主還元策

泉州電業<9824>は株主還元策として配当金及び株主優待制度、自社株買いなどで対応していく方針である。配当金に関しては「安定的な配当を維持することを基本方針として、当期の業績、内部留保の水準等を考慮し、総合的に判断する」としている。2010年10月期以降の配当性向は25%前後の水準となっているが、「今後は30%も意識」と述べており、増配にも前向きである。

実際の配当については、年間配当を2016年10月期の40円から、2017年10月期には45円、2018年10月期には55円と増配を続け、さらに2019年10月期は創立70周年の記念配当10円を含めて年間70円の配当を行った。進行中の2020年10月期には普通配当で年間70円を予定している。

また単位株(100株)を保有する株主に対しては、以前はオリジナルQUOカード(1,000円分)を贈呈していたが、現在は1年未満保有株主にはオリジナルQUOカード1,000円分を、1年以上保有株主には同2,000円分を贈呈しており、小口株主に対しても積極的に株主還元を行っている。

さらに同社はもう1つの株主還元策として、自社株買いにも前向きである。2016年10月期に271,700株、2018年10月期にも150,000株、さらに2019年10月期にも300,000株の自社株買いを行った。また進行中の2020年10月期には、上期で既に146,600株(499百万円)の自社株買いを実行し、下期にも170,000株(上限500百万円)行うことを発表している。この結果、予定どおり自社株買いが実行されれば、配当金と合わせた2020年10月期の総還元性向は67.6%に達する。

また同社に対して度々指摘されるのが「潤沢な手元資金とその使途」である。事実、2020年10月期第2四半期末のネットキャッシュ(現金及び預金-借入金)は172億円に達し、さらに保有する自己株式も2020年10月期下期計画分(17万株)が実行されると1,425,968株(発行済株式数の13.2%)となる。今後は、これらの豊富な手元資金の有効活用が大きな課題となるが、経営陣は「2020年10月期以降、M&Aを含めてこれらの資金を活用した積極的な投資を実行していくので、期待して欲しい」と述べている。特にアフターコロナの時代には、このような潤沢な資金を活用する機会は増大するはずだ。

このように、事業拡大と合わせて資本効率の向上に対する同社の姿勢は大いに評価できるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー