fbpx

NY外為:ドル・円一段安、米10年債が再び0.7%割れ、ダウ325ドル高

マネーボイス 必読の記事





NY外為市場でドル・円は107円59銭の高値から107円41銭まで下落し日中安値を更新した。朝方は予想を上回った米6月ISM非製造業景況指数を好感したドル買いが強まったがその後、株式相場の失速や米債利回りが伸び悩みドル売り・円買いが再燃。ユーロ・ドルは1.13ドル台前半でのもみ合いが続いた。ユーロ・円は121円97銭の高値から121円50銭まで弱含み推移。

一時470ドル上昇したダウ平均株価は325ドル高で推移した。米10年債利回りは0.71%まで上昇後、0.69%まで低下した。


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー