fbpx

個別銘柄戦略:マキタやホンダに注目

マネーボイス 必読の記事




7日の米国市場では、NYダウが396.85ドル安の25890.18、ナスダック総合指数が89.76p
t安の10343.89、シカゴ日経225先物が大阪日中比125円安の22415といずれも下落し
た。8日早朝の為替は1ドル=107円50-60銭(昨日大引け時は107.52円付近)。本日の
東京市場では、昨日までの半導体関連株買いの流れが残り、SUMCO<3436>、信越化<406
3>などの堅調が予想される。昨日まで上場来高値追いが続いた東エレク<8035>は短期
的な急騰後の反動安が予想されるが、先高期待は強く、朝方の売り物い一巡後は下げ
幅縮小に向かおう。三菱UFJ<8306>など大手金融株は米長期金利低下を悪材料にさえな
い値動きが懸念され、国内での新型コロナウイルス感染者数の増加基調や集中豪雨被
害の拡大から九州から東海地方に拡大しているため、JR西日本<9021>、JR東海<9022>
は下落が予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたマキ
タ<6586>、ホンダ<7267>、SUBARU<7270>、高島屋<8233>などに注目。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー