fbpx

オープンハウス—急落、公募・売出実施による希薄化などを嫌気

マネーボイス 必読の記事



オープンハウス<3288>は急落。961万7200株の公募増資、469万4500株の自己株式処分、68万4600株のオーバーアロットメントによる売出を発表している。トータルの株数は1499万6300株となり、これは自己株式を除いた発行済み株式数の13.6%の水準となる。目先の需給悪化、並びに、株式価値の希薄化をマイナス視する動きが優勢となっている。なお、公募価格の決定期間は7月20日から27日までの間となっている。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー