fbpx

フォーバル Research Memo(6):2021年3月期の連結業績予想は現段階で未定(新型コロナウイルスの影響)

マネーボイス 必読の記事



■今後の見通し

2021年3月期の連結業績予想は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が不透明であり、合理的に算定することが困難であるため、現段階では未定としている。フォーバル<8275>の顧客企業は幅広い業種・業界の中小企業であり、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響による顧客企業の動向を短期的な視点で見極めることは大変困難な状況にある。また、同社では、緊急事態宣言下において、一部の従業員(約190名、全従業員の約10%)に対して休業を実施した経緯もある。弊社では、同社の主力事業はストック型ビジネスの比率が高いため、業績への影響は軽減されると考えている。第1四半期の出遅れを、コロナ禍が一旦落ち着く第2四半期以降の3四半期でどこまで取り戻せるかにかかっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー