fbpx

フォーバル Research Memo(8):2020年3月期は26円(1円増配)、8年連続の増配を実施

マネーボイス 必読の記事



■株主還元策

フォーバル<8275>は、配当による株主への利益還元を重要な経営課題の1つとして認識している。配当金の決定に関しては、今後の事業計画や財務状況など、中長期的観点から内部留保と安定した成果配分、双方のバランスに配慮して配当金を決定するとしており、配当性向は公約していない。実績では、安定的な利益成長を背景に継続的な増配を続けており、配当性向は30%前後を維持してきた。2020年3月期の1株当たり配当金は年間で26円(1円増配)、配当性向61.2%となり、8期連続の増配となった。2021年3月期は、配当金26円(維持)を予想する。配当性向は未定(新型コロナウイルスの影響により業績予想が未定のため)。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー