fbpx

グローセル Research Memo(5):2021年3月期:予想は未定だが目標は営業利益1億円

マネーボイス 必読の記事



■グローセル<9995>の今後の見通し

● 2021年3月期の業績見通し
進行中の2021年3月期の連結業績予想について会社は、「コロナの影響を現段階で合理的に算定することが困難であるため未定とする。今後、業績予想が可能となった時点で速やかに公表する。」としている。しかしその一方で、「社内目標としては、売上高72,000百万円(前期比4.9%増)、営業利益100百万円(前期61百万円の損失)を目指している」と述べている。今後のコロナの影響が不透明であるが、記述のように2020年3月期に一過性の特殊な経費増が約260百万円あったことを考えれば、この社内目標は達成可能な数値と思われる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー