fbpx

欧州為替:ドル・円は下げ渋り、105円台後半で押し目買い興味も

マネーボイス 必読の記事



10日午前の欧州市場でドル・円は、下げ渋り。106円04銭まで買われた後に105円91銭まで下げたが、押し目買いの興味は失われていないようだ。ユーロ売り・米ドル買いは一服しつつあったが、ユーロ買いのフローは特に入っていないことから、ドル・円の取引ではドル売りは増えていないようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円94銭から106円04銭、ユーロ・ドルは1.1753ドルから1.1776ドル、ユーロ・円は124円60銭から124円77銭。

■今後のポイント
・米国などにおけるウイルス感染拡大を懸念
・米中対立の長期化懸念
・米雇用情勢のさらなる改善は期待薄との見方

・NY原油先物(時間外取引):高値41.96ドル 安値41.17ドル 直近値41.89ドル

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー