fbpx

欧州為替:ドル・円は一時106円18銭、ユーロ安・ドル高は継続

マネーボイス 必読の記事



10日のロンドン外為市場で、ドル・円は下げ渋り。106円04銭まで買われた後に105円91銭まで下げたものの、105円台後半で押し目買い興味が観測されていることや、ユーロ売り・米ドル買いは後退していないことから、106円18銭まで買われている。


ユーロ・ドルは1.1776ドルから1.1745ドルまで下落し、ユーロ・円は124円77銭から124円60銭まで下落したが、124円78銭まで反発。ユーロ売り・ポンド買いは一服しており、ユーロは対円で下げ渋り。


ポンド・ドルは1.3086ドルから1.3022ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9133フランから0.9184ランまで上昇した。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー