fbpx

14日のNY市場は高安まちまち

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;27931.02;+34.30
Nasdaq;11019.30;-23.20
CME225;23140;-140(大証比)

[NY市場データ]

14日のNY市場は高安まちまち。ダウ平均は34.30ドル高の27931.02ドル、ナスダックは23.20ポイント安の11019.30ポイントで取引を終了した。 景気回復期待に反し中国の7月小売売上高が減少したほか、米国の7月小売売上高の伸びも予想を下回ったため下落で寄り付いた。8月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想外の上昇を示し、下値も限られたものの小幅な値動きに終始した。セクター別では、運輸やエネルギーが上昇した一方、公益事業、商業・専門サービスが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円安の23140円。ADR市場では、対東証比較(1ドル106.6円換算)で、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、リコー<7752>、シャープ<6753>、新生銀<8303>などが下落した一方、ソニー<6758>、HOYA<7741>、エーザイ<4523>、TDK<6762>、川重<7012>、鹿島<1812>などが上昇した。

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー