fbpx

ブレイクスルー君:副業警備員が現場で使っている「意外」?な関係性【FISCOソーシャルレポーター】

マネーボイス 必読の記事





以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ブレイクスルー君氏(ブログ「セイムエアー」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2020年8月28日6時に執筆

皆様どうもどうも。ブレイクスルー君です。正社員として精神保健福祉士。副業アルバイトとして警備員。その他業務委託やポイ活で生計を立てている投資家です。投資スタンスは日米株のハイブリッド戦略で形作る配当優待戦略を取っています。たまにグロース株も見てます。

長期休暇も明け通常モードに戻ってお仕事されている方が多いと思います。ブレイクスルー君は12連休の長期休暇も内7日間は副業警備員へ転身。酷暑の中、巡回、交通誘導、立哨(一定の場所でずっと立ち見守りすることの意)を行い、息も絶え絶え。長い休みに何やってんだ俺は・・と青ざめる。レッドネックならぬブルーネックになっているとそこで気づいた。アハ体験。警備業でも色んなメーカーと関わっている。

<6752>パナソニック。電機メーカーと警備員。一体何の関係があるんだよ!と思う方もいるかもしれません。しかし、これがあるんです。それがパナソニック製のEV充電器に案内するということ。リーフ、テスラ、i3、アウトランダー等、各メーカーのお車を充電スペースにご案内。

ブレイクスルー君
「オーライ!オーライ!!オーライ!!!ハイオッケー!!!シャラッセ!(いらっしゃいませ)」

交通誘導の任を今、完了した(肉体労働の達成感)。

私は首都圏の某ショッピングセンター勤務ですが日本中、どこにでもショッピングセンターはあります。もちろんいまだEVの整備が整っていない場所もあることでしょう。その時に考えるパナソニック製のEV充電器の役割。人々の車も生活も電気で豊かにしてくれる総合メーカーならではの供給力にも今後期待ができます。今後のパナソニックの成長性に投資妙味があるのではないかと考えています。


警備員とパナソニック。
一見全く関係のないと思われる両者が繋がっている。うーん面白い。





----
執筆者名:ブレイクスルー君
ブログ名:セイムエアー


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー