fbpx

18日のNY市場は下落

マネーボイス 必読の記事



[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;27657.42;-244.56
Nasdaq;10793.28;-117.00
CME225;23100;-120(大証比)

[NY市場データ]

18日のNY市場は下落。ダウ平均は244.56ドル安の27657.42ドル、ナスダックは117.00ポイント安の10793.28ポイントで取引を終了した。商務省が中国のティックトックとウィーチャットの米国内でのダウンロードを20日から禁止すると発表すると米中関係の悪化懸念が強まり下落で寄り付いた。本日はオプションや先物4つの商品が期限を迎えるクアドルプル・ウィッチングデーにあたり終日軟調に推移し、引けにかけて売りが加速し下げ幅を拡大した。セクター別ではテクノロジー・ハード・機器が大きく下落。自動車・自動車部品が上昇した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の23100円。ADRの日本株は任天堂<7974>、HOYA<7741>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル104.57円換算)で全般軟調。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー