fbpx

米8月シカゴ連銀全米活動指数、予想下回るもドル堅調

マネーボイス 必読の記事





米国の8月シカゴ連銀全米活動指数は0.79となった。予想1.19を下回り6月に過去最高を記録したのち、2カ月連続で低下した。

米10年債利回りは0.66%から0.65%まで低下。予想を下回った指標にもかかわらず欧州通貨安を受けたドル買いが継続。ドル・円は104円06銭から104円24銭へじり高推移、ユーロ・ドルは1.1793ドルから1.1761ドルまで下落した。

【経済指標】
・米・8月シカゴ連銀全米活動指数:0.79(予想:1.19、7月:2.54←1.18)


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー