fbpx

前日に動いた銘柄 part1 富士フイルム、HENNGE、島忠など

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>23日終値⇒前日比
富士フイルム<4901> 5283 +246
アビガン第3相臨床試験で主要評価項目を達成と。

アクリート<4395> 1085 +53
同社IR情報提供に特化した公式アカウントサービスを開始。

AMI<3773> 933 +27
TBSテレビの文字起こしエディタ「もじこ」にAmiVoice音声認識APIが採用。

プロパティエージェント<3464> 1363 +43
子会社が顔認証IDプラットフォームサービス(ベータ版)を開発。

No.1<3562> 3555 +410
ハイクオリティUTM「NA-GPY2000Pro/NA-GPF2000Pro」販売開始。

HENNGE<4475> 6840 +1000
「デジタル庁」関連銘柄としての物色が波及。

ジュンテンドー<9835> 1136 +149
コロナ感染再拡大が警戒される中、巣籠もり関連として改めて買われる。

ITbookHD<1447> 915 +102
官公庁向けに強み持つことから「デジタル庁」関連として買いを集める。

島忠<8184> 3380+502
DCMHDがTOBの検討を開始と伝わる。

ワタベウェディング<4696> 396 +80
新婚世帯への支援策拡充報道を思惑視。

ビーグリー<3981> 2027 +400
大型M&A実施による業容拡大期待が先行。

ダントーHD<5337> 473 +80
米子会社が現地金融機関とのクレジットライン契約を締結。

ソルクシーズ<4284> 1146 +150
地銀再編関連として関心が続く。

コーア商事HD<9273> 2218 +248
いちよし証券では新規に買い推奨。

DCMホールディングス<3050> 1525 +178
想定以上の業績上方修正を発表で。

日本製鋼所<5631> 1784 +242
説明会では足元の受注状況などポジティブな評価に。

三谷産業<8285> 402 +33
アビガンの10月中承認申請を手掛かりに。

キャリアインデックス<6538> 580 +67
無形固定資産倍率の高い企業として関心。

スカラ<4845> 914 +50
上値抵抗線突破で上値妙味も高まる。

アセンテック<3565> 2269 +186
欧州感染拡大でテレワーク関連として物色。

サイボウズ<4776> 3510 +250
24日上場のトヨクモの大株主で。

チェンジ<3962> 11410 +630
ふるさと納税関連として物色が続く。

SHIFT<3697> 15250 +840
引き続きホープスの完全子会社化を好材料視か。

ストライク<6196> 5460 +450
業績・配当予想の上方修正を評価へ。

ブイキューブ<3681> 1791 +151
欧州でのコロナ感染者数増加でテレワーク関連として再物色。

日本M&Aセンター<2127> 5730 +470
ストライクの好業績なども刺激に。

メディカル・データ・ビジョン<3902> 2052 +132
オンライン診療関連として関心が続く。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー